2019/07/16

nao_20190716_01.jpg

ベランダで子育て中



「あの“子”たち」と野菜のことを呼んでしまう。
 花や観葉植物ではこうはならない。やはり今年も、母性が芽生えている、夏。
 ベランダ菜園をやっている。グリーンカーテンの王道・ゴーヤと、大好きな野菜・茄子と、苦手克服中・トマト、そして夏野菜の代表・キュウリ(故)をプランターで育てている。
……早めに断っておこう。きゅうりは“育てるはずだった”のだ。
今回、野菜の苗を買うのに苦労した。そもそも都内に園芸用品店が少ない。そして、あったとしてもガーデニングのためのお花が多く、野菜の苗はほとんど置いていない。種は売っていたりするのだけど、素人には種からの栽培は難しいらしく、苗から育てたかった。
ある日、車で少し遠出した時に、大きなホームセンターを発見した。お店の外には、何やらプランターがずらりと並んでいる。これは絶対あるぞと自信を持って寄ったら、期待以上にたくさんの野菜の苗が売っていた。選びたい放題、夢のようだった。
わたしは茄子、トマト、キュウリの苗を買った。(ゴーヤの苗だけは既に手に入れていた。)そして、苗を乗せるために、車の後部座席の足元に小さな段ボールを置いて、しっかり安定させた。苗が倒れないように運転も気を付けた。はずだった。
家に着いて見てみると、キュウリの葉が下を向いていた。なんと、茎が折れてしまっていたのだ。完全に折れて分裂してしまったわけではなく、繊維で繋がっているという感じだった。だけど葉も茎も、まだ折れる前のように元気だった。手で支えて、断面を合わせて上にしてやると、何事もなかったように見える。
諦めたくなかった。わたしは、他の野菜たちと同じように、折れたキュウリの苗もプランターに植えた。そして、折れた部分をマスキングテープでつなぎ合わせて立たせた。キュウリの生命力を、信じた。
だが、生き返ることはなかった。申し訳なさと悲しさがこみ上げた。キュウリとして、キュウリを作ることもできずに苗の状態で死んでしまった。せめて、土に還って、隣に並ぶ子たちの栄養になってくれたら、と願った。

他の子たちは、元気にすくすく育っている。梅雨が明けず、久しく太陽の光を浴びられていないのが心配だけど、そんな親の心配もよそに、勝手に成長していくものだ。
勝手に、と言っても、水やりは忘れてはならない。一度、一泊二日で大阪に行かなくてはならず、早朝の出発でバタバタして、水をあげずに出てしまったことがあった。新幹線の中で、水やりをしなかったことに気付き、「うわぁ!」と声をついあげてしまった。もちろん心配だったけど、翌日昼には家に帰れるから、一日半ならきっと大丈夫だろうと、高をくくっていた。
帰宅して、真っ先にベランダを覗くと、ゴーヤとトマトは代わりなかった。しかし、茄子だけは様子が違った。茎が力をなくし、下に垂れていて、葉もしなしな!
亡きキュウリのことが頭によぎった。やばい!と思って、すぐに水をたっぷりあげた。わたしにできることが水をあげることしかなくて、もどかしかった。あとは願うばかり。
どうしても落ち着いていられず、小一時間後にベランダにまた覗きに行った。するとどうだろう、驚くべきことに、茄子が元の元気な姿に戻っていたのだ。いやむしろ、前よりも大きくなったように見える。葉はハリを取り戻し、まるで羽を広げたようだった。羽ばたかせて飛んでいきそうなくらい、生命力が満ちていた。

それから水やりは毎朝の日課になっている。そして夜にも、子どもたちの様子を見る。
ゴーヤの成長は凄まじい。朝と夜の間に、目で見て分かるくらいに伸びている。うちに連れて来た頃は、わたしはよくしゃがみ込んで、ツタを支柱に導いてあげていた。正しく、支柱に絡まりながら上に伸びていくように。
すぐに腰の高さあたりまで伸びて、もうその頃にはこちらが導いてあげなくても、しっかり自分たちで支柱に絡まった。日に日に、大きくなった。次見ると、肩くらいまで来ていて、次見ると、目線の高さになり、あっという間に身長を越された。成長がうれしくてたまらない。
苗を植えてから一か月も経たないというのに、今はもう支柱をも超えている。もう行き場をなくしたゴーヤが、今は左右に伸びて行っている。少し可哀想なような気もするが、これ以上支柱を上に足してしまうと、上のフロアのベランダまで行ってしまう。
想像してみる。上の住人の方に許可を得て、場所だけお借りすることはできないかと。その代わり、もしゴーヤの実が成ったら、それは自由に収穫していいですよ。それを使ってチャンプルーでも作ってもらい、あわよくば、おすそ分け願えないか――。
ベランダ間のやり取りに、心ときめく。
そういえば、小学生の頃に住んでいたマンションでは、ベランダから色んな所の花火大会が見え、柵に腕を乗せて身を預けて、よく眺めていた。ある夏、花火大会を見ていて、ふと隣のベランダを見ると、隣の住人の方も同じように身を乗り出しているのが見えた。わたしと同じ年の頃の男の子とお父さんが、ラムネの瓶を片手に花火を見ていた。すると向こうも気付いて、目が合ってしまった。隣を覗いたという罪悪感と気恥ずかしさでモジモジしていたら、「これどうぞ」と仕切りの向こうから、にょきっとラムネが差し出された。
それがわたしの初めてのラムネだった。飲み口に詰まったビー玉をどうしたらいいのか分からなくて、開けられなかった。握りしめたまま、隣から聞こえてくるカラコロという音を味わったっけ。
ベランダ間の交流に未だときめくのは、この時の爽やかな思い出があるからだろう。
とは言え、挨拶をしたこともない上の住人の方と、いきなりゴーヤを通して苦い思いをしたくない。
自分のベランダで、しっかり子どもたちの成長を見守っていこう。


奈央ちゃん、投稿ありがとうございます。
梅雨真っ只中、太陽は何処へ植物の成長にも支障をきたしていますが、恵の太陽はいつ顔を出してくれるのか?待ち遠しいですね!
自分も相変わらず、パッションフルーツやっていますよ。って!今年は新しい苗を植えたのではなく、昨年根と茎を残し後で片付けようと思っていたが...怠けたお陰で茎から新たな芽が出て昨年よりも大きく成長しています。お互い子育て頑張りましょうね!そして沢山収穫出来ることを願っております❣️
毎日グレー一色の空模様、気温も低い日が続きますが、お身体に気を付けて下さいね!舞台の稽古、始まりましたか!楽しみしています。
ひい さん [ 2019/07/16 ]

新鮮なでかい胡瓜を厚めに切って、マヨやら味噌をつけると何であんなにうまいのか。他の子達の健やかな成長を願わずにはいられない。
都会のくま さん [ 2019/07/16 ]

私も、きゅうり、茄子、しし唐辛子を家庭菜園してますよ。今年は春先の寒さで、きゅうりは何本土に還したことか・・・。
茄子としし唐辛子は生育順調ですが、きゅうりは子育てが難しい年です。これから暑くなって、たくさん実がなるといいですね!

なおちゃ さん [ 2019/07/16 ]

奈央ちゃん💖こんばんは。
今日も、一日お疲れ様でした。
っていうか…奈央ちゃん💖Nao’s Way!
お帰りなさ〜い!!2018年4月17日以来の投稿!
待ってましたよ〜。めっちゃ、めっちゃ、嬉しいです。😂忙しい中でのNao’s Way更新!本当にありがとうございます。Instagram、読書日記、スタッフダイアリー、そしてこのNao’s Wayと…
楽しみしているので更新がある度に、もう〜嬉しくて、嬉しくて…。この奈央ちゃん💖の場所も、忘れてはいなかったんですねぇ。ありがとうございます。毎日、梅雨空が続き、どんよりした曇り空と雨ばかりで、気分もスッキリしないですが、奈央ちゃん💖はいかがお過ごしでしょうか?
梅雨だから仕方がないのかもしれませが、何でも、今日で日照時間が3時間未満の日が、19日連続して続いているようです。太陽の光がそろそろ見たいものです。そんな中での今回のNao’s Wayのタイトルは…「ベランダで子育て中」今年もベランダ菜園に挑戦して、奈央ちゃん💖にとって大切な野菜たち、「あの“子”たち」を愛情込めて育てている奈央ちゃん💖(奈央お母さん)の奮闘記。
読書日記、同様にもう〜おもしろくて、読み応えのある文章、そして表現豊かに綴られている言葉からまるで、奈央ちゃん💖のお家にお邪魔しているかのように、ベランダで成長している野菜たち、いゃ
「あの“子”たち」が目に浮かぶようです。
以前、Instagramで投稿して頂いた、お姉さんの新居とねこちゃんたちに会いに行った時、ホームセンターで出会った苗(茄子、トマト、キュウリ)たちのお話し。切なくもあり、笑いもありで、本当にあったかい気持ちになりました。
でも、四男のキュウリくんは、残念でしたねぇ。
せっかく、奈央ちゃん💖がマスキングテープで蘇生を試みるも…残念です。
四男の今は亡き、キュウリくんの思いが、長女の茄子ちゃんに届いて、救ってくれたのだと思いますよ。奈央ちゃん💖ベランダ菜園、大変だと思いますが、キュウリくんの分まで残された、長男のゴーヤくん、長女の茄子ちゃん、次女のトマトちゃんを大切に育てて下さいねぇ。立派に成長して、きっと奈央ちゃん💖の力になってくれますよ(^^)
僕も、そうあってくれることを願っております。
奈央ちゃん💖「あの“子”たち」の成長!楽しみですねぇ。
素晴らしい、Nao’s Wayをありがとうございました。梅雨が明ければ暑い、暑い夏の本番がやってきます。ベランダ菜園の「あの“子”たち」にも毎日の水やりを忘れずに、そしてお母さんの奈央ちゃん💖も熱中症にならないように、こまめな水分補給をとって、これから始まる舞台稽古、オフィーリア役と向き合い準備も更に進んで、忙しい毎日を過ごされることと思います。
くれぐれも、お身体を大切にご自愛されて、お仕事頑張ってください。
舞台「HAMLET−ハムレット−」オフィーリア役を演じる奈央ちゃん💖の姿をグローブ座で観劇できる日をとても待ち遠しく、楽しみに待っております。
いつも、ありがとう!奈央ちゃん💖
これからも、ずっと奈央ちゃん💖を応援して、
一緒に歩いていきます…

がんばれ!奈央ちゃん💖
がんばれ!オフィーリア!
がんばれ!「あの“子”たち」のお母さん!
それでは、また…
小沼裕二 さん [ 2019/07/16 ]

野菜を育てることをはじめられたのですね。収穫するのが楽しみですね。
一つ種の話をしましょう。
簡単に手に入る売られている種(タキイの種、トーホク交配、サカタの種等)は、ほとんど一代交配種です。
一代交配種は、固定した形質を持った2品種を親として交配した種。
親品種に比べて生育がよく、形質も優れているが、その種子をまいても、
同じ形質はそろわず、品質も低下したものしかできません。
種屋(タキイの種、トーホク交配、サカタの種等)は、種を毎年買ってもらう為、
一代交配種しか作っておらず売っていません。
大阪府の天王寺駅前にある天王寺駅前商店街に江戸時代から続く
赤松種苗という店があります。
一代交配でない昔からある優良種と記載した種が売られています。
その種を蒔けば出来た種を使って何度でも同じように育てていくことができます。
全国にも昔からの優良種を販売している種苗店があると思いますので探してみて下さい。
毎週、NHKの落語の番組を楽しみに観ています。
                                      以上
佐野 節史 さん [ 2019/07/16 ]

奈央ちゃんの文章は、気持ちが素直でいいなぁ。野菜たちと向き合う色んな表情や気持ちがゴーヤのツタのように広がってきて、ベランダ間のラムネのカラコロに、爽やかな夏を感じました。
やまぐちりゅうや さん [ 2019/07/17 ]

奈央さん、こんにちは。
 奈央ちゃんの『野菜に向ける愛情』が『母性』として、心から野菜の苗ちゃんたちを愛してるところが伝わってきます。
 でも、奈央ちゃんの『(きゅうりの苗たちの)隣で他の子達の栄養になってくれないかなぁ。』という考え方好きですよ。
 奈央ちゃんの野菜に向ける愛情がひしひしと伝わってきて、またそれが『親が子どもに向ける愛情』みたいで読んでいて大変微笑ましく感じました。
 僕も育てることについては一人暮らしを再開してから始めようと思いますが、今はとにかく手元にある野菜を腐らせないこと、そういう意味で野菜を『守る』ことに必死です。だって食べ物は無駄にしたくないじゃないですか?
 奈央ちゃんみたいな『愛情』を持ってきっと農家の人たちは野菜を栽培して出荷してくださっているわけですので、なおさらそうに思います。
でも、ゴーヤとはいい線いってますね(笑)。トマトも奈央ちゃんの努力が無にならないよう奮闘願っております‼️
 これから『夏野菜』がたくさん採れる時期、ぜひ奈央ちゃんも、育てる方も食する方も『両立』して夏を楽しんでください。
 でも、植物の成長って本当早いですよね?特に夏野菜はいっそうそう感じます。
 これからも奈央ちゃんの『子育て奮闘記』、楽しみにしています。
 あとピーマンなんかどうですか?
 夏野菜としては今期は遅くても夏にたわわに実るしっかり者の野菜ちゃんですよ(^-^)。
 でも、奈央ちゃんの心にすごい尊さを感じます。
 ぜひこれからもその『ものを大切にする慈愛心』、大切にしてくださいね!!
 これからもそんな『天然で、そうでありながら人が最近忘れかけているような心』を大切にする奈央ちゃんであってください。
 いつもかの地から応援しております!!
 最愛の奈央ちゃんへ・・・。
狩野健一 さん [ 2019/07/19 ]

。。同じウリ科の植物。
、、キュウリの分?まで、ゴーヤが元気に育って楽しみですね!(^^♪

。。親切や笑顔って広がって行きますよね。
、、奈央さんの、一息入れての活躍も楽しみにしています!!
どす がとす さん [ 2019/07/20 ]

この季節冷えたキュウリがおいしいですよね。私は食べるの専門ですが。。。ベランダ菜園はしたことないので大変さはよくわからないですが、たくさんの育つといいですね。
M2 さん [ 2019/07/21 ]

お名前
コメント